薄毛有名人図鑑

薄毛有名人図鑑

再起不能薄毛有名人一覧

再起不能薄毛有名人1 高橋克実

今では様々なドラマやバラエティに引っ張りだこ、最近ではワイドショーの司会まで勤めている高橋克実だが、意外にも俳優デビューする前は長髪だった。ドラマに多く出るようになり、売れ出した頃から徐々にハゲが目立ちはじめた。薄毛による影響で、バラエティ番組に出演した時、共演者からいじられることも増え、髪を丸坊主に。薄毛に悩む有名人がいきなり坊主にするなど、あまり聞かない話だが、坊主にしたことで逆に視聴者からの評判も良くなり、さらに有名人としての人気が出たそうだ。
一時はカツラを被っているのではと疑われていましたから、坊主にしたことで頭も心もスッキリし芸の道に邁進するきっかけとなったいい例。退路を断つことの重要性を再起不能有名人高橋克実は体現してくれている。

再起不能薄毛有名人2 温水洋一

個性派俳優として、テレビで見ない日はないというほどの人気を誇っている温水洋一。彼の頭皮に目を向けると、悲惨なまでにハゲ散らかしている。が、彼は再起不能なほどの薄毛だからこそ有名になったのだ。温水の高校の卒業写真を見ると、おでこは広いものの薄毛は目立っていない。この頃は髪の毛は無事だったようだ。しかし20代になった頃から徐々に頭髪が薄くなり始め、30代にもなると完全に再起不能薄毛に。今では薄毛有名人の代表といった印象のある温水洋一でだが、頭髪の復活は難しいと言わざるを得ない。ただ実際のところ、世の薄毛に悩む男性に勇気を与えている存在であることは確かなので、温水洋一にはいつまでも薄毛有名人として頑張ってもらいたい。

再起不能薄毛有名人3 江頭2:50

薄バラエティ番組で数々の伝説を残してきた江頭2:50。今でもバラエティ番組に出ては大暴れして話題を独占、またラジオ番組も好評で未だに人気の高い有名人だ。そんな江頭2:50の薄毛が進行しはじめたのはとある番組がきっかけだという説がある。とある番組の中で髪の毛をどちらが多く抜けるかという企画をしたところ、髪が生えにくい体質になってしまったという説だ。
M字がかなり進行しており、もはや復活は望めないまでにハゲ散らかしているが、江頭自身はハゲのことを一切気にしていない。さすがは心の強い有名人。あそこまで堂々とした姿をしていると、同じく薄毛で悩んでいる男性も勇気づけられるであろう。

再起不能薄毛有名人4 トレンディエンジェル

どんどん人気が高まっている漫才芸人のトレンディエンジェル。漫才の大会でも決勝まで勝ち上がるほどの実力を持つ彼らのウリは、薄毛をネタにしていることだ。そんな彼らは、実は有名人になる前から薄毛が気になっていたようだ。いわゆる若はげで20代の頃から薄かったと番組で告白していた。しかしそこは芸人。落ち込んでしまうのではなく、ネタにしてしまうのが実力の高さをうかがわる。リズムの良い薄毛ラップは、薄毛で悩んでいる人を明るく元気にさせてくれる。あまりにも進行している薄毛のため、復活は期待できないが、芸人としてはまだまだステップアップしていくものと思われる。これからも薄毛をネタにして、日本中のはげに活力を与えて欲しい。